落ちない染みをとことん落とす染み抜き職人 吉村誠

 


染み抜きは吉村誠と、弟の吉村剛の二人で担当する
 

日本の染み抜き・クリーニングはなぜ世界トップレベルなのか

 

そもそも衣料大国のイタリアやイギリス、アメリカ、フランスの衣料は洗うことを前提に作られていない。

 

下着やシャツは洗うが、スーツやコートはブラッシングで汚れを落とす。

 

ジャケット、スラックス、ニット、スカート。
世界的にはドライクリーニングは希だ。

 

「日本は四季があって、衣替えがあって、高温多湿で汗染み、脂染みが衣類につきやすく、クリーニング技術が発達したのでしょう」

プレス機の湯気があがる
 

私は、環境的な事情だけではないと考える。

 

日本のクリーニング技術が、世界のトップを極めたのは、清浄(しょうじょう)の姿勢が受け継がれてきたからではないか。単に見た目にきれいという次元に留まらない。

 

清らかであること。穢れがないこと。詐(いつわ)りがなく、私欲からの欺きをしないこと。罪悪がないこと。純粋であること。潔いこと。晴れやかであること。

 

そうだ日本晴れというではないか、晴れ着というではないか。

 

雲ひとつない快晴の空を、尊ぶのは、日本人だけだという。

 

海外からの旅行者が驚くのは、街や道にゴミが落ちていないことだという。

 


無駄な動きがなく、作業は素早い
 

日本は清浄の国なのである。日本人は清浄であることを戒めにしているのである。

 

清浄は、世界に誇るべき日本の精神性だ。いや誇っては清浄の精神ではなくなるが。

 

「それでもファスト・ファッションの普及で、服は使い捨てが当たり前になり、クリーニングしてまで大切に着る文化が日本からは失われつつあります」

 

クリーニング業界が下降していく時代だからこそ、量をこなすのではなく、質の高い技術を提供する経営戦略に打って出たのが、クリーニングよしむらである。

 

私たちが取材に訪れて、驚いたのは、地の利の不便であった。

 

東京都の奥地の在来線の最寄り駅からバスで20分かかる。

 

私の経路を述べれば、午前9時からの取材に間に合わせるために、午前5時30分に出発しなければならなかった。都心から片道3時間30分かかったことになる。

 


門倉珠枝はこの道30年。「誠社長が子供の頃から働いているの。だから言いたいこと、何でも言っちゃうわよ」

 

創業54年を迎えるクリーニングよしむらが通常のクリーニングをも請け負いながら「染み抜き屋」のネット店舗を展開したのは、6年前の2013年のことであった。

 

宅配で染み抜き依頼の衣類を預かり、宅配で仕上げた衣類を送る。

 

地の利の不便さを逆手にとった経営戦略がズバリと当たった。

 

量よりも質を追求してはいるが、1日に100着から150着の染み抜きを、吉村誠と弟の吉村剛の二人でこなす。大量であると言える。

 

それぞれが工場の入り口に、一畳ほどの仕事場に立ち続ける。椅子に座る仕事はない。

 


スタッフの女性たちは潜水艦の乗組員のようだ
 

工場の奥では、女性たちが仕分け、ドライクリーニング、水洗、乾燥、プレス、アイロンがけ、包装の仕事にまったく手を休めない。
ときおり蒸気が昇る工場を眺めていると、ビートルズの『イエローサブマリン』が私の頭の中に流れた。

 

Action Station(配置に着け)! We All Live in a Yellow Submarine……(私たちは皆んな黄色い潜水艦に暮らしている)。

 

乗組員の彼女たちの心は今日も清浄で、衣類は汚れから解放されて美しく、副長の吉村剛と船長の吉村誠は、難航に思われた染み抜きを、快晴の空のように仕上げていく。

 

吉村誠はストイックなオーラをまとっていない職人である。

 

いや、そのオーラを私が見抜けないだけかもしれない。オーラを隠しているのは、乗組員の彼女たちの笑顔に違いない。

 

 

取材・文章/浦山 明俊
撮影/戸澤 裕司・吉野 健一
編集/吉野 健一


 

記事内容に関する問い合わせ窓口:一般財団法人雇用開発センター
問い合わせフォームか、03-5643-8220まで